キャッシング即日:キャッシングに必要な書類とは

キャッシングをしてみたいけれど、店舗に行く前に一体何を用意していいのか迷ってしまう人は少なくないようです。これからキャッシングをしたいと考えている人が、必ず準備しておかないといけないものを簡単にですが紹介していきます。
キャッシング即日融資のメリットとデメリットは?

キャッシングをする際はネットや店舗で申し込みを行うわけですが、その時に実施されるのが借入れ審査となります。知らない人に何も言わずにお金を貸してくれる会社なんて残念ながら存在しません。

借入れ審査では、申込者の返済能力を見て、どの程度の借入れが行えるかを決めていきます。

利用者が30万円を希望していたとしても、結局は20万ほどまでの融資に落ち着くこともあり、利用者の希望が絶対通るという保証はないのです。借入れ審査の内容を利用者が受け入れられた場合は、キャッシングの契約に入って行きます。

そしてキャッシング契約の際に必要になってくるものは何かというと、融資額が50万円以下かそれ以上かで変わってくるようです。但し、一般的には二つの書類が必要となってきます。

まずは利用者の身分証明が可能なものと、利用者の所得を証明できるもの、この二つです。身分証明としては、運転免許証やパスポート、それから健康保険証などが挙げられます。

収入を証明できるものとしては、源泉徴収票やここ数ヶ月の給与証明書、確定申告書や住民税決定通知書などもその種類のひとつです。もしも50万円以上の融資でないケースは、収入証明書は不要となりますが、業者の中には必要とするところもあると聞きますので、絶対とは言い切れない部分もあります。

上記の書類は原本ではなくコピーで構いません。原本を送らないように気をつけてくださいね。

上記以外にも覚えておいた方が便利なこともあります。それが勤務先の電話番号と住所です。元々覚えている人は問題ありませんが、突然聞かれたりすると出てこないこともあります。

調べればいいかと思っても調べられずに焦ってしまうこともあると思いますので、店舗に行く前に確認し、メモを取っておくのがオススメです。

キャッシングをネットで行なう際の長所とは

インターネットや携帯、スマホから申し込みする長所はいくつもあります。例えば、開店や閉店時間を気にせず自分の好きな時間に申し込み可能であったり、簡単な質問に回答を入力するだけで借入れができるかのシミレーションも可能です。

またパソコンから先に申し込みをしておく事で、契約までに必要な時間をショートカットできますし、契約方法も郵送や店頭窓口自動契約機などから好きな方法を選べます。

自動審査を行ってから店頭に行くと、業者によっては30分掛からずに契約が終わるところもあるようです。店頭のみで契約を完了させるケースと比較して、インターネットでの申し込みは、申込書の記載や貸し出し審査などに必要な時間を、圧倒的に短くする事ができるんですね。

例えば某大手キャッシング業者の場合ですと、インターネットでの申し込みのケースでは、審査での確認で勤務先に(個人名での)電話が掛かってくること以外は、電話での連絡はなく、審査結果の通知はメールだけで郵送物が自宅に送られてくることはありません。

キャッシングをしていることを誰にも知られる可能性は限りなくゼロに近いです。休日以外の9時から14時50分までに審査が完了したケースでは、最短の場合たった3分で師弟の銀行口座へとお金が振り込まれると聞きます。

ネット申し込みを行った後に店頭、もしくは自動契約機での契約のケースでは、契約後即融資を受けるやり方と、カードを受け取ってから、その後融資を引き出すやり方の二つがあるようです。

カードを手に入れた場合は、自動契約機で手続きできるようになります。もしも申し込みしたその日に、口座へと融資を振り込んでもらいたい場合は、契約の受付時間を先に確認し、時間内に契約できるようにして下さい。

ただし審査が営業時間外となってしまったケースでは、次の日の審査に回されてしまったり、振込みの手続きがその日にできずに、次の日になるしまう可能性は低くありません。

なるべく早くキャッシングを利用したいときは、インターネットで先に申し込みを完了し、契約は近くの店舗か自動契約機で行うのがオススメです。

店頭でのスタッフさんとのやり取りが得意ではないケースでは、来店しなくても済む郵送での契約もいいかもしれません。

契約書を交わす前にお金が指定した口座に振り込まれる郵送方法では、契約書やカードなどは後日自宅へと送られてきますので、ご家族と同居されている場合は、書類のやり取りでキャッシングしていることに気付かれてしまうケースがあるようです。

誰にも気付かれずにキャッシングしたいケースでは

キャッシングを消費者金融を利用して行ってみたいという人は少なくありません。でも出来れば誰にも知られたくない、悪いことをしているわけではないけれど、誰かに色々詮索されるのが煩わしいから、といった人も多いようです。

自宅や勤め先に書類が来ないようなキャッシング、カードローンをできないものなのか。キャッシングの手続きから誰にも気付かれずに行うことは可能なのでしょうか。

キャッシングの申し込みをする際は、色々な方法があります。スマホやインターネット、無人自動契約機、店頭窓口や郵送など、業者によって申し込み法は様々です。

申し込み時点で誰かに気付かれるということはないと思いますが、自動契約機や窓口に行って申し込みをするケースでは、その際に知り合いに見られてしまう偶然がないとは言い切れません。

郵送のケースですが、同居の家族がいる場合はご家族に知られてしまう可能性は低くないでしょう。申し込み後、審査のステップになると、利用者本人かどうかの確認をする電話が勤め先の会社か携帯に掛かってきます。

電話を掛けてくる際は、業者は個人名で電話をしてくるため、勤務先の人たちに知られる可能性は限りなくゼロに近いです。

契約時になると、一般的には封書(カードローンの場合であればカード、契約書や申込書など)が送られてきます。この段階が、家族に気付かれる可能性が一番高い段階です。

キャッシング利用を始めた後も、書類は届きます。利用明細や借入残高情報、返済などにまつわる利用状況内容の書類などですが、こちらは申し込み時に伝えた自宅住所に送られるようになっていますが、通常は変更を希望すると送り先を変える事が可能です。

それではインターネットでのキャッシング利用はどうかというと、まずは申し込み時点で知られることはありません。サイトの案内通りに必要事項を入力して痩身をクリックするのみで、申し込みが完了です。

仮審査が通ったかどうかは指定したメアドに到着します。ですから申し込みや借り審査の段階では、自分以外の第三者に気付かれる事がなく行う事ができるわけです。本審査になると、勤め先や携帯に電話があります。

先に記載した状況と同じです。業者は個人名で、本人確認の電話を掛けてきます。キャッシング利用明細などの書類などは通常自宅に郵送されますが、インターネットでの申し込みの場合は、オンライン確認です。

ネットで管理画面に入った後にネット上で確認できますし、もしも手元にとっておきたい場合はプリントすることもできます。 自分以外の人にキャッシングを知られたくないケースでは、インターネットでの申し込みがお勧めだといえるでしょう。

このページの先頭へ